ITパスポート、情報セキュリティスペシャリスト合格!目からウロコの情報処理技術者合格に向けた効果的な勉強方法

目指せ!カリスマSE 〜ITパスポート試験合格目指せ〜
  トップページ(目指せカリスマSE) > (現在の位置)基本情報技術者試験対策 ワンポイント情報
基本情報技術者試験対策 ワンポイント情報


 基本情報技術者試験対策のワンポイント情報です。
 みなさんご承知のように、基本情報技術者試験はITパスポート試験のように情報システム利用者側が対象ではなくて、情報システムの開発・運用者側向けの試験だということです。
企業などに勤務の方はすんなりご理解いただけると思いますが、いわゆる情報システム部のような部署に所属している人が対象といったところでしょうか?職種的にはSEがぴったりきますよね。
 基本情報技術者はSE(システムエンジニア)の基礎知識というか、 IT関連(情報技術全般)に関する基本的な知識・技能を持つ技術者としての知識が認められる試験ですよね。

以下がワンポイント情報なんですけど。

基本情報技術者試験ではなんとプログラム言語が出題されます。
プログラミングをやったことのない方にとっては、結構ハードルが高そうですけど、実は、楽な方法があるんですよ。
もし、プログラムをやったことのない方は、プログラム言語は、アセンブラがオススメです。
プログラム言語は基本情報技術者試験において最も勉強時間を要する分野らしいですけど、アセンブラを選択すれば合格までの学習時間を短縮できますよ。
他の言語、たとえばCやJavaの総学習時間の平均は150時間程度と言われていますが、アセンブラならば70時間以下の総学習時間でも合格可能とのことです。
アセンブラの学習の過程で習得する知識は、午前問題や午後一般問題を解くために学習する知識と共通部分が多く、相乗効果で知識の定着が図れます。
アセンブラで確実な合格をゲットしちゃいましょう。
といっても、学校や仕事でCやJavaを使ってる人は好きなプログラム言語を選択しちゃってくださいね。

以上、カリスマSEの基本情報技術者試験向けワンポイント情報でした。

△このページの一番上に戻る
次のページは応用情報技術者試験(旧 ソフトウェア開発技術者試験)対策 ワンポイント情報です。(チェックしてみてくださいね)
(←前のページに戻る)
トップページに戻る

今からでも大丈夫 〜目指せカリスマSE〜

HOME           ITパスポート,情報セキュリティスペシャリスト合格のための勉強方法〜目指せカリスマSE〜                

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO