ITパスポート、情報セキュリティスペシャリスト合格!目からウロコの情報処理技術者合格に向けた効果的な勉強方法

目指せ!カリスマSE 〜ITパスポート試験合格目指せ〜
  トップページ(目指せカリスマSE) > (現在の位置)応用情報技術者試験(旧 ソフトウェア開発技術者試験)対策 ワンポイント情報

応用情報技術者試験(旧 ソフトウェア開発技術者試験)対策 ワンポイント情報


 カリスマSEが調べて分かった今度は、応用情報技術者試験(旧 ソフトウェア開発技術者試験)対策のワンポイント情報です。
 みなさんご承知のように、応用情報技術者試験(旧 ソフトウェア開発技術者試験)は基本情報技術者試験と同じく、ITパスポート試験のように情報システム利用者側が対象ではなくて、情報システムの開発・運用者側向けの試験だということです。
まあ、基本情報技術者試験がこの分野の入門試験としたら、その上の試験になりますよね。まあ、職種的には、ソフトウェアを開発したりするということで、これまたやはりSE(システムエンジニア)的には、ほっとけない試験なのであります。

 応用情報技術者試験(旧 ソフトウェア開発技術者試験)は、ある調査では、合格するには、最低200時間の学習時間が必要だと言われているそうです。
うーーん、これは毎日2時間勉強したとして、100日間かかる計算になりますよね。(当たり前!) 
 ただ、試験の傾向を早い段階でつかんでしまうと勉強がしやすいんです。
いわゆるよく出る問題とか出る順といったたぐいの問題をやったほうがいいんですよ。
出題範囲が結構広範囲になっている分、まともに勉強するとやっぱり時間ばかりかかってしまうんですよね。
これは、もったいない話です。
試験によく出る重要な箇所を集中的に勉強したほうが得策です。
みなさんも、短期合格を目指して頑張ってくださいね。
おいおいこれで終りかよ!なんてひとりツッコミしていますが、おいおい情報をアップしたいと思っておりますので、今後にご期待ください。

△このページの一番上に戻る
(←前のページに戻る)
トップページに戻る

今からでも大丈夫 〜目指せカリスマSE〜

HOME           ITパスポート,情報セキュリティスペシャリスト合格のための勉強方法〜目指せカリスマSE〜                

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO