ITパスポート試験、情報セキュリティスペシャリスト合格!目指せカリスマSE!情報処理技術者になろう!

目指せ!カリスマSE

今からでも大丈夫!〜ITパスポート試験合格目指せ〜

  トップページ(目指せカリスマSE) > (現在の位置)「国家試験とベンダー試験の比較」
国家試験とベンダー試験のどっちが有利な資格か比較?!

国家試験である情報処理技術者試験とベンダー試験の比較をしてみたいと思います。

国家試験である情報処理技術者試験も制度を変更したり、より、社会に求められる試験へと努力をしているのは、好感が持てますよね。

この国家試験とベンダー試験は、IT企業から、いろんな評価を受けているんですよね。国家試験の情報処理試験は、実務に弱いITエンジニアであるとか?その反対で、ベンダー試験は、そのベンダーの製品のセールスマンのように、製品に関する知識のみが、非常に多かったりとか?
本当にいろんな評価があるんで、おもしろいですよね。

最近の日経コンピュータのアンケートの調査結果では、非常に興味深い結果が出ているので、最近の状況も見ておくべきです。
 参考:いる資格、いらない資格

まず、無難なのは、コンピュータ関係の国家資格である情報処理技術者試験をひとつでも取得しておけば、決して、損にはならないでしょうね(笑)

そして、会社であったり、上司であったり、同僚であったり、自分の周りに自己アピールするというのも、試験に合格する以上に大切です。
だって、せっかく、難易度の高いIT試験に合格しているのに、もったいないですよね。

順番的には、まずは国家試験の情報処理技術者試験を次はベンダー試験を目指せ!

基本情報技術者もしくは応用情報技術者試験(旧 ソフトウェア開発技術者試験)に合格したら、次にベンダーが主催する資格試験にチャレンジするのが理想です。

ベンダー試験で人気があるのは、オラクルのデータベース製品に関する「ORACLE MASTER」。マイクロソフトのサーバー製品や開発ツールに関する「マイクロソフト認定資格(MCP)プログラム」
MCP Microsoft Certified Professional
と、サンマイクロシステムズの開発ツールであるJavaに関する「Java認定資格」など

技術者の方は、技術情報を貪欲に、取り入れる必要があります。
そして「一生懸命勉強する」すると合格といううれしいご褒美があるでしょう。(笑)

△このページの一番上に戻る

トップページに戻る

今からでも大丈夫 〜目指せカリスマSE〜
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO