ITパスポート試験、情報セキュリティスペシャリスト合格!目指せカリスマSE!情報処理技術者になろう!

目指せ!カリスマSE

今からでも大丈夫!〜ITパスポート試験合格目指せ〜

  トップページ(目指せカリスマSE) > (現在の位置)「ITパスポート試験と基本情報技術者の比較」
ITパスポート試験、基本情報技術者どっちが人気資格か比較?!

2009年4月までは、情報処理技術者試験における初級レベルの試験としては、「初級シスアド」でしたが、制度変更により、「ITパスポート試験」が代わりの国家試験になっていますので、「初級シスアド」を「ITパスポート」に置き換えて、ご理解していだくとよいかと思います。
初級シスアド試験基本情報技術者はいうまでもなく、情報処理技術者試験であり、情報処理技術者試験は、国家資格であり、この2資格は比較されたりしています。
日経が調査発表したアンケートでも、企業の採用・教育担当者の「営業職にとらせたいIT資格」の1位が基本情報技術者試験で、2位が「初級シスアド」になっています。
 参考:いる資格、いらない資格

人気あるんですよねー。

基本情報技術者試験は、ITの専門家というイメージが強いのですが、現在の時代が求めている営業職というのは、SEのみならず、営業職でも、この基本情報技術者試験を求めているんですね。(ちょっと意外ですけどね)

一般的には、IT企業に就職するなら学生時代にぜひとも取得しておきたい資格ナンバー1なのが、基本情報技術者試験ともいわれています。
どこのIT企業でも新入社員研修においては、この「基本情報技術者」合格レベルの研修を行いますからね。(まじで)

自分はIT企業には、興味がなんだけどなー!という方には、基本情報技術者試験ほどの専門的な知識は必要なくとも、ITのみならず、企業とか経営とかの知識も必要なITパスポート試験がやはりオススメですね。

当然、ITパスポート試験合格の後は、基本情報技術者そして、「応用情報技術者試験(旧 ソフトウェア開発技術者試験)」を目指すのがいいです。
これらの情報処理技術者試験に合格すれば、いうことなしです。

これらの試験に合格することで、自分自身の自信も付きますし、そして、何より、周りの人間からも、「あいつすげー」と一目置かれる存在になるでしょうね。(笑)

△このページの一番上に戻る

トップページに戻る

今からでも大丈夫 〜目指せカリスマSE〜
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO